WEDDING MAG

2019.05.16

Wedding Like a Trip

新緑も勢いを増し、心地よい風が吹き抜ける5月。

すがすがしく穏やかな気候は、ゴールデンウィークが過ぎた今も

おのずと心を遠くの旅先に誘います。

 

全国の名所を回りながら俳句を詠み歩いた「奥の細道」が有名な俳人、松尾芭蕉が

その旅を始めた日が5月16日であったことから、日本では5月16日を「旅の日」と制定されています。

今私たちが感じるような新緑の時期ならではの心地よさが

名俳人が旅路を踏み出す一歩の背中を後押ししたのかもしれません。

 

 

 

 

人生を旅に例えることがしばしばありますが、

新たな人生の門出である結婚式は、ふたりで歩む人生=旅 の始まり、とも言えます。

その門出の1日も、ただの“日々の延長”ではなく、心がわくわくするような“非日常”だったら

これからふたりで作っていく未来もきっと輝かしいものになりますね。

 

 

ふたりで大自然に囲まれた湖畔の邸宅を貸切って、ゲストをおもてなし。

青空のもと広大なガーデンで永遠の誓いを立て、

大勢をご招待できるパーティルームで暗くなるまで語らい、

クライマックスには大空に打ち上げ花火が輝きふたりの門出を祝福する…

 

まるでゲストと一緒に海外のリゾートに旅をするように

とことんふたりらしいウエディングを叶えられる場所が、石川県にあります。

 

 

 

 

 

 

ふたりで歩む人生=旅 の始まりを、

ゲストと一緒にとことん愉しんでみてはいかがでしょうか。

 

詳しくはこちら

 

アマンダンヴィラ

〒929-1117 石川県かほく市鉢伏寅2