cuisine

たった1秒、1℃、1g
の探究が、感動の1皿を生む。

例えば、仕込みに4日間。
食べ頃になるまで6日間。
私たちの料理は、挙式の10日前から
始まります。ふたりとゲストの視点で、
これだと思えるまで試作を繰り返します。
ひと口ごとの感動、
それが連なっていく
幸せを願いながら、
1皿にも、100皿にも、
精一杯の想いを込めて。

料理dish

記憶に刻まれる料理が、
記憶に刻まれる結婚式を作る。

“最初”と“最後”のひと皿に、
込める想いがあります。
これから運ばれてくる料理への
期待を高めていただく前菜。
洗練された美しい形と、明快な味に
こだわり抜いたメインディッシュ。
ふたりの結婚式の料理が最高だったと
余韻に浸っていただくデザート。
コースを監修する三つ星シェフが紡ぐ、
五感を覚醒させる料理によって、
テーブルの風景と味も記憶に残るように。

champagneシャンパン

祝福の乾杯だからこそ、
一杯のシャンパンにもこだわる。

祝杯には徹底的に、非日常の贅沢を。
スパークリングワインではなく、
乾杯が華やぐ「ローラン・ペリエ」で
至高の祝福を。
イギリス皇室の結婚式の夜、晩餐会でも
振る舞われた格式あるシャンパーニュ。
パーティの幕開けを彩る最高の乾杯は、
古来より船出の祝いとして親しまれてきた
特別な一杯で。

ウエディングケーキwedding cake

ウエディングケーキは、
美しくなくてはならない。

ふたりが最も笑顔に囲まれ、
フラッシュを浴びる「ケーキ入刀」。
共に被写体となるウエディングケーキは、
洗練された美しい形でなければならない。
ノバレーゼのウエディングケーキは、
ドレスやペーパーアイテムとシンクロさせ、
デザイナーとパティシエが共同で作ります。
「美しい記憶」の1ページにふさわしい
世界にたったひとつのウエディングケーキは、
ふたりと、ふたりのゲストのためだけに。