WEDDING MAG

2018.11.12

ブーケとブートニア

ドレスに身をつつんだ花嫁の手元には、必ずブーケがあります。

また花婿の胸元に飾られたブートニアはハレの日を華やかに彩ります。

どちらもふたりの姿をより引き立たせる名脇役な存在ですが、

こんな由来があるのはご存知でしょうか。

 

花嫁が持つブーケは、男性が野花を摘みながら女性のもとへ向かい、

できあがった花束を差し出してプロポーズしたことが起源といわれています。

また花婿がタキシードの胸ポケットに飾るブートニアは、

プロポーズを受けた女性がそのもらった花束から1輪抜いて

「YES」のお返事として男性に贈ったことが由来とされています。

 

 

そんなブーケ・ブートニアの由来に基づいたセレモニーを結婚式に取り入れて、

参列ゲストから1本ずつの花を花婿が受け取り、束ねてブーケにし花嫁にその場で跪きプロポーズするなど、

演出として取り入れるのもおススメです。

 

 

由来を知ると、こだわりの気持ちがより一層強くなるのではないでしょうか。

 

ウエディングに欠かせないアイテムのブーケ。

“装飾品の一部”として衣裳に合わせて選ぶのもよいですが、

その季節ならではのお花をチョイスしたり、おふたりの想い出の地のお花を取り入れるなどすると

より素敵な記憶が残るかもしれませんね。

 

ノバレーゼでは専属のフラワーアーティストが、

おふたりの想いに寄り添いながらコーディネートさせていただきます。